2011年03月08日

喉を楽に、喉の開け方【ボイトレ日記】

プールで泳いで来ました!

昨日から2日目ですが、明日は一日忙しいので、二日坊主確定の毛利です。こんばんは。



さて、ボイトレ日記です。


前回は、腹式呼吸で歌うと喉が楽になるよ!というお話でした。


なぜ楽になるのか!

それには、息のコントロールが関係します。


歌うためには、適度な息の量が必要なんです。
強すぎても弱すぎてもだめ。

声は出るんですが、強すぎると声がかれたり、喉が疲れたりします。逆だと弱々しい声しか出ませんよね。


その息の量を調節するところは、二カ所あります。

喉と、横隔膜(腹筋)です。


注射器型の水鉄砲をイメージしてください。

出る水の量を調節するには、発射口をぎゅっ!としぼるか、ピストン(押すところ)をコントロールするか、の2通りですよね。

この、発射口が喉で、ピストンが横隔膜(腹筋)です。

わかりやすい図を描きました(笑)ので参照!!

image-20110308232314.png


わるい例では、喉が疲れます。
声を出す事と、息のコントロールの二役をやらせるんだから当然です。

だから、この息のコントロールを、ピストンに任せちゃうんです。そんで喉はぱかっと開けっぱなし!

良い例の図参照☆

image-20110308232329.png

声は喉が、息はお腹が!チームワーク!ヾ(^▽^)ノ

そうすれば喉は楽チン。当たり前ですよね(^^)。


でも、これを歌うときにいつでも出来るようになるには訓練が必要です。

「いかに息を出しすぎないか」がむずかしいんですよね(>_<)。

特に、高い声を出すには、低めの声よりも息の量を減らさなければいけません。

これびっくりしない?

僕はは高い声を出したくて、めっちゃ喉に力入れてました。息も出しまくり。今でもそのクセがときどき出ます。

逆だと知ったときは結構ショック、というか意味がわかりませんでした。

高い声の出し方も、いずれ書きますね(^^)。


♪本日の、やってみよう!「喉の開け方」


今日は喉を楽にするやり方、喉の開け方を、具体的に☆


さぁみなさん、あくびをしてください。

ふぁ〜あ。

はい、できましたね。

以上です。



…いや、ほんとにそうなんだって!(^^;)
みんな普段から出来てるんだよ!すっごくいい口の開け方してるよ?(笑)


んでは、これを意識してやる方法、そして腹式呼吸と連動させる方法を書きます(^^)。


まず、口を開けます。大きめにね☆
顎関節症の方は、アゴががくっ、とならないくらいでOKです。

舌に力入っちゃう?
そういう方は、舌先を下の前歯の根っこにちょん、とつけてください。自然ふれるくらいです。

そのまま、舌の奥の方、つけ根辺りを下げてみましょう。

イメージは、手のひらで水をすくうときの形、それを舌で作ってみて。
口の中の空間を広くします。


では、鏡で見てみましょう。
自分の口の奥、のどち○こ(失礼)見える?

舌に邪魔されずに奥が見えたら、とってもいい形ですヾ(^▽^)ノ

やってると、あくび出てこない?
出てきたら正解です(^^)。全員が出るわけじゃないけどね。

おえっ!ってなっちゃったら、間違ってないけどやり過ぎです(笑)。

くれぐれも、力を入れすぎないように(^^)。
ずっとやってると疲れるー!(>_<) っていうときは力が入りすぎです。楽に楽に〜。


よし!この形、覚えて!!


そのまま、口で呼吸してください。

出来れば仰向けに寝て、腹式呼吸で☆
腹式呼吸のやり方は、前のボイトレ日記参照です。

息をお腹に吸って、ほぉーっと吐いてください。

吐いたときにお腹が自然にへこんでたらかんぺき!
お腹と連動してます(^^)。

息は、喉にも舌にも歯にも当たらず、ずぼーっと出るイメージです。
何回かやって慣れてね☆


では、そうやって息を吐くついでに声を出してみましょう。

心底疲れたときのため息のように、お腹にいっぱい吸って、はぁ、って(^^)。
または、あくびのときの声のイメージでもOKです。

あくまで、息を吐く「ついで」に声です。

やってるうちに、舌に力が入ってくるので、注意してね!

できた?


では、また次回。

読んでくれて、ありがとうです(^^)。




毛利大介
シンガーソングライター、ボイストレーナー


ジョイスミュージックアカデミー(http://www.joicemusicacademy.com/
にて、トレーナーを務める。
無料体験レッスン希望の方は、mohrimail@yahoo.co.jp
まで。
posted by モーリ at 23:21| Comment(0) | ボイトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。