2011年04月16日

音楽・アート・医療福祉→Ubdobe(ウブドベ)

今日は、震災ボランティアの説明会があるとのことで、知人からお誘いがあり行ってきました。
音楽を役立てることができるなら、と世田谷福祉センターへ。



団体名は、「Ubdobe(ウブドベ)」。




参加してみての率直な感想は、「楽しかった!」です。


ともすれば不謹慎かもしれませんが、とても素敵な時間を過ごさせてもらいました(^^)。
ホントに参加して良かった。



Ubdobeは、子どもたちを中心としたイベントを主催したり、音楽を通してと医療理解を広めたり、とにかく様々な活動をしているそうです。

今回の震災にあたっては、マッサージ師さんや理美容師さんの派遣を行っています。



でも、説明聞いていて一番感じたのは、普通の人たちがみんなでやってるってこと。
とってもざっくばらんなみなさんでした(^^)。

被災地へも、車2台にみんなで乗って、0泊二日。主催者さんの言葉そのまま言えば「弾丸スケジュール」で何度も行ってるそうです。

行きます!って言えばすぐにでも行けちゃう感じ。


「なんにもできない人だからこそ、なんでもできる」

その言葉が印象的でした。




説明会の後半は、クラウニングのワークショップ体験!


クラウン(clown)って知ってる?
ロビン・ウイリアムス主演の「パッチ・アダムス」の映画が有名だけど、笑顔を広げる人たちのこと。

日本人だと、ピエロって言った方がイメージしやすいかも。

医療の現場でも、取り入れられているそうです。


でも、僕ら全員にピエロになれって言ってるわけじゃないんです。

目を合わせるとか、手を繋ぐとか、肩にふれるとか。

お互いにされたり、してあげたりして、誰かを笑顔にしたり、安心させたりするにはいろんな方法があるんだってことを、再認識しました。



いやー、でもこの感じは文章では伝えきれない!
ぜひご興味あったら、説明会に参加してみてください☆



Ubdobe WEBサイト
http://www.ubdobe.jp/
posted by モーリ at 22:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、彼が石巻へボランティアに行きました。泥だらけで帰ってきました。
「お疲れさま☆」と迎えましたよ。
彼から一緒に行こうと言われたのですが私は「何も出来ず足手まといになりそうだし、現状みたら泣くと思うから行かない涙」と。
だから「なんにもできない人だからこそなんでもできる」の言葉が響きました。私にもできることがあるの?役に立てるかな?と。


何もしてあげられないと決めないで今、何ができるか考えていきたいと思います。モーリさん ありがとうございます☆

Posted by かっちゃん at 2011年04月17日 07:29
>かっちゃん
そんな風に思えるかっちゃんはえらいよ☆
一緒にできること、やってこうぜ(^^)。
Posted by もーり at 2011年04月18日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。